ニンニクの臭いを消して料理を美味しくする裏技

ニンニク臭い消し-01スタミナ、体力、パワーがつく、疲労回復、夏バテ防止、精力増強などニンニクのパワーは昔から有名です。

にんにくはネギの仲間です。成長するうちに鱗茎(細い茎の周りに分厚い葉が成長したもの)の部分にたくさんの糖分、栄養分を蓄え大きくなります。

非常に栄養価が高いので、動物たちからすぐに食べられてしまわないように臭いを発して自分を守ります。

動物が食べようと、口に入れて噛むと、不快な臭いを発して、遠ざけるのです。

その臭いの元、それが硫黄化合物です。

にんにくは野菜の中でもダントツに多くに硫黄化合物を含んでいます。

最近の研究では、ニンニクにはがん予防効果、血液サラサラ効果、血圧降下効果などがあり、それが野菜食材の中でトップクラスであることが明らかになってきています。

毎日でも食べたいのですが、職場で人と接する機会があるとどうしてもその臭いが相手に不快感を与えていないか気になってしまい、食べる機会を選ばなければいけないように思ってしまいます。

ここでは「ガッテン」(2018.8.1放送)の放送内容を参考に、ニンニクの臭いの消し方などの情報を紹介します。

スポンサーリンク

ニンニクの臭いを消す裏技

ニンニクの臭いを消す方法は簡単です。ニンニクを丸ごと加熱することです。

ニンニクの原産地キルギス共和国(人口600万、国土の4割が標高3000m以上という国)では、大量にニンニクを使って料理しますが、その方法は、ニンニクを切らずに丸ごと煮物料理などに投入し、中まで火が通るまで煮込んでいます。

そのためキルギスの人達はニンニクの臭いとは無縁なのです。

さらに、手っ取り早くて簡単なのが、電子レンジで加熱することです。

ニンニク丸ごとの場合は、ラップにくるんで、電子レンジ500Wで1.5~2分程度加熱します。その後ラップを取り、皮を剥いたら、そのまま料理に使えます。

丸ごとでは多すぎる場合、ニンニクの外側を剥いたら、薄皮はつけたまま使う個数だけ、一つ一つラップに包み、1片につき500Wで20秒程度加熱します。3片なら1分程度ということです。

臭いを消したニンニクの栄養価は大丈夫?

加熱処理したニンニクでも栄養価は変わらないのでしょうか。

答えは「変わりません」です。

ニンニクの細胞の中には硫黄化合物アリインと言う成分があります。これがニンニクのパワーの元なのですが、アイリンは臭いません

しかしニンニクを噛んだり、包丁で切ったりして細胞が壊れると、細胞の中にニンニクの細胞の外にあるアナリーゼという酵素が入り込みます。

そしてその酵素がアリインと反応してアリシンという物質に変わります。

このアリシンはアリインと同じように栄養効果を持っていますが非常に匂いが強いのです。

にんにくを丸ごと加熱すると、このアナリーゼ酵素の働きが弱くなり、ニンニクを潰してもアリシンができにくくなるのです。

無臭ニンニクとは

市販されている無臭ニンニクとはなんでしょうか。

無臭ニンニクの ほとんどは西洋ネギ、 ジャンボリーキなどのネギであるといえます。 元々臭いの少ない品種です。

硫黄化合物の量が本物のニンニクと比べるとかなり少ないので、健康効果はニンニクほど期待できません。

ニンニクパワーを実感

ガッテンではニンニクのパワーを実感するために、ニンニクの臭い(硫黄化合物の臭い)をモニターの人に嗅いでもらって体温の変化を見てみました 。

なんとたった3分匂いを嗅ぐだけで体温は2度ぐらい上昇しました。

さらに、ニンニクを食べた後、指先の血管を顕微鏡で観察すると、血液の流れが食べる前よりもかなり早くなっていました。

ニンニクの成分が素早く血管を拡張させる働きがあるからだそうです。

ニンニク、臭いの強烈さの証拠

ニンニクの臭い(アリシンの臭い)は強烈で、足の裏にニンニクを擦り付けるだけで、しばらくすると口の中までニンニクの匂いがしてきます。

これは硫黄化合物が体に取り込まれると、血液の中に溶けて全身に巡るため、口や身体全体からニンニクの匂いが発散されるようになってしまうからです。

ニンニク臭が気にならない料理を美味しくする効果

ニンニクに含まれるアイリンを上手に料理に使うと、料理がとても美味しくなります。

◉料理のコクが増す、スープがうまくなる

煮物、スープなどに皮ごと丸ごとニンニクを入れて煮込むと料理のコクが増し、スープがうまくなります。アリインなどが溶け出した効果といえます。

◉味をまとめる

カレーに丸ごとニンニクをいれておくと、1晩置いたカレーのようにカレーがまろやかな味になります。

◉臭み消し

モツ煮、イワシの煮つけに丸ごとニンニクを入れて煮ると、臭みがきれいに消え、全く臭いが気にならなくなります。

臭いのするニンニクを食べた後、少しでも臭いを消す方法

◉牛乳を飲む

牛乳の脂肪分が、胃や口の中のニンニクの匂い成分を吸着してくれます。

ただし匂い成分が全身に回ってしまったら手遅れなので、食後30分以内に、コップ一杯程度飲むのがおすすめです 。

◉リンゴ、リンゴジュース

リンゴを皮ごと切ったもの、皮ごと作ったリンゴジュースを、食事と一緒か食事の直後に取るのがお勧めです。

リンゴの中の抗酸化成分ポリフェノールが匂い成分を匂わないものに変えてくれるそうです。

ポリフェノールは皮やその付近に多いので皮ごと使うようにして下さい。

◉タオルで匂いを拭き取る

ニンニクの臭いは翌朝、特に首の辺りに強く出ると言われています。

翌朝首の辺りをタオルで拭くことによっても臭いを軽減させることができます 。

丸ごとにんにくオイル」の作り方

ガッテンではスペイン料理研究家おおつきちひろさんが「丸ごとにんにくオイル」の作り方を紹介してくれました。

・皮付きニンニク200g(ひとかけずつにほぐしたもの)鍋に投入

・油約250g、ニンニクが鍋でヒタヒタになる量投入

・弱火で15分間加熱、15分で火を消し自然に冷ませば余熱で中まで火がとおります。

ガラス瓶などに移して冷蔵庫で保存すれば1ヶ月保存可能です。

ニンニクを潰して使えば、これだけでお肉に合わせてよし、醤油と混ぜて豆腐に乗せてもよし、味噌やマヨネーズと合わせて野菜につけてもよし、万能のコク出し調味料になります。

油の方もパスタなどの料理に使えば、ほのかなニンニクの香りが味を引き立たせてくれます。

タイトルとURLをコピーしました