簡単に作れるコバエ駆除用トラップ

コバエ駆除対策-01暖かくなり、 昆虫が活動しやすくなると家の中に2~3mm程度の小さなコバエというハエが発生したり、侵入してきます。

しかし、コバエというハエの種類は存在しません。

コバエは様々な種類がいます。

一般的に知られているのはショウジョウバエ、ノミバエ、キノコバエ、チョウバエという種類です。詳細はこちらのサイトを参照して下さい。

これらのハエは大きくなって、一般的なハエになることはありません。

スポンサーリンク

手軽に作れるコバエの駆除トラップ

めんつゆの駆除トラップ

ペットボトルをコップのように切った容器(捨ててもいいもの)に、水とめんつゆ、洗剤を入れます。

めんつゆは水の量の20%程度、洗剤は数滴でOKです。

数日間置いておくと、めんつゆが古くなってきて、コバエの好きな環境になるので、1週間程度放置しておくと良いようです。

洗剤を入れるのは、洗剤中の界面活性剤によって、水の表面張力を無くし、コバエが水面に浮かんでいられないようにする役割があります。

ノミバエに効果があるといわれています。

お酢の駆除トラップ

水にお酢と洗剤を入れるタイプのトラップです。基本的にはそうめんつゆのトラップと同じです。

こちらはお酢と洗剤は数滴で大丈夫です。酢に使われている酢酸の臭いは強烈なのです。

このトラップはショウジョウバエに効果が高いとされています。

コバエは小さくて、見ただけでどんな種類のコバエかは素人では判断できないので、2つのトラップを両方作って置いておくとよいでしょう。

トラップの実力も分かります。

市販のコバエ駆除方法

泡状のコバエ幼虫駆除剤

台所や洗面所に発生するコバエ駆除剤です。

泡状の薬剤が配水口の奥や隙間に充満し、コバエの発生を抑制します。

「コバエ用ムース」などの名称で販売されていま

ハエ取りリボン

昔から使われているハエ取りリボン。吊るすだけで飛んでいるコバエを捕獲します。

強力な とりもち(粘着)でハエ・小バエを捕獲する「ハエ取りリボン」です。

「粘着式ハエ取り 吊るすだけ!」(商品名)などがあります。

コバエ以外に、大きなハエにも有効です。

室内以外にビニールハウスなど、吊るせるスペースがあれば、あらゆる場面で使えます。

浄化槽のコバエ成虫対策

室内用ではありませんが、浄化槽に吊るして使う殺虫プレートです。

浄化槽に吊るしておくと、じわじわと殺虫成分が蒸散し、浄化槽内に充満し、コバエの成虫を退治します。

「チャッポリン」(商品名)などがあります。

蛍光灯の紫外線カット

夜、家の蛍光灯の光に誘われて侵入してくるコバエ対策です。

品物は透明の筒状カバーで、蛍光灯に差し込むだけで、コバエが好む光(紫外線)をカットします。

現在使用中の蛍光灯に、巻くだけで使える防虫資材で「バンガード」(商品名)などがあります。

コバエなど虫が好む波長の光(紫外線)をもともと放出しないタイプの防虫用蛍光管もあります。

コバエと大型のハエの危険性

コバエは病原菌などの病気を媒介することはありませんが、不衛生な場所や植物・屎尿に集まるため、清潔な環境を維持管理していくことが重要となっています。

普段の家庭でもよく目にする大型のハエは、代表的なものとして、クロバエ類、イエバエ類、ニクバエ類、キンバエ類などがありますが、病原性大腸菌、赤痢などの病原菌を媒介する恐れがあるといわれています。

汲み取り式トイレが少なくなって、ウジ虫が発生できにくい環境が増えてきたので、近年は家の中で見られる大きなハエは少なくなっています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする