酢でダイエット|酢の脂肪減少効果とは

メタボ解消-14私達の身近にある食酢は有機酸である酢酸の5%程度の溶液です。

食酢は糖分の高い果実(ぶどう、リンゴなど)、穀物(米など)2段階発酵して作られます。

第一段階はアルコール発酵し、さらにそれを第二段階で酢酸発酵して、食酢(醸造酢)を得ることができます。

酢酸事態はカルボン酸といわれる有機酸ですが、果実、穀物などの原料や製造方法の違いからクエン酸、アミノ酸などの酢酸以外の他の成分が大きく異なり、各社それぞれ特長をアピールしています。

メタノールのカルボニル化反応などで、工業的に作られた氷酢酸、酢酸を、水で薄め味付けしたようなものは合成酢(醸造酢ではない)といわれますが、現在は、家庭用にはほとんど出回ってはいないようです。

但し、酢酸発酵する前のアルコール段階で工業アルコールを添加して酢酸発酵したものも醸造酢として認められるようで、醸造酢といってもかなり幅があるようです。

昔から「酢を飲むと体が柔らかくなる」などといわれ、運動するなら酢を摂取すると体が柔軟になって、ケガを防止できるなどと言われています。

しかし、酢が、直接体を柔らかくするというのは迷信で、疲労回復が早くなり、トレーニングが良く進むなど、他の理由があるようです。

このように、生活の中で身近な酢酸は、私たちの体の中でも作られるものでもあり、本来人間にとって有用な成分といえます。

酢酸は「内臓脂肪を減少させる」機能性表示食品としても登録されていて、メカニズムは完全にはハッキリしていなくても、その効果は疑い無いものであるといえます。

酢がなぜ、内臓脂肪を減らして、ダイエットに効果があるのか、「酢酸と脂肪燃焼、脂肪蓄積防止の関係」など考えてみました。

スポンサーリンク

◆体内の酢酸はエネルギーになる

空腹時や、有酸素運動をした時、脂肪細胞の中の中性脂肪は酵素によって、脂肪酸とグリセリンに分解されます。

脂肪酸は肝臓で、さらにβ酸化という酸化でアセチルCoAというエネルギーを作るクエン酸回路にとって重要な物質が作られます。

さらに、アセチルCoAの一部ケトン体(酢酸、酪酸、アセトンなど)に分解されます。

アセトン以外のケトン体はブドウ糖(グルコース)と同様に生体燃料として利用されます。アセトンは非常に揮発しやすく、すぐ呼吸によって体外へ排出されます。

このように、酢酸はケトン体の一部として、骨格筋などの筋肉内で生体燃料として利用されると考えられています。

◆酢酸による脂肪合成酵素の抑制

ラットの動物実験では、酢酸を与えたラットの方が、水を与えたラットより、脂肪細胞内の脂肪滴の大きさが小さくなる傾向があること、さらに脂肪合成関連の酵素群の量も少なくなっていたという報告があります。

このことから酢酸には脂肪合成酵素の作用を抑制する可能性があるといわれます。

◆酢酸が脂肪の分解を促進

酢(酢酸)を摂取すると、血液中に酢酸は容易に移行し、各組織に速やかに取り込まれ、代謝されます。

酢酸は細胞内でアセチルCoA合成酵素という酵素によりアセチルCoA(活性酢酸ともいわれます)に変換され代謝されますが、その過程でAMP(アデノシン一リン酸 Adenosine Monophosphate)というリン酸を生成します。

すると細胞内のAMP/ATP(アデノシン三リン酸)比が増加します。増えたAMPはAMPキナーゼ(AMPK)という酵素を活性化させます。AMPKが活性化すると、脂肪の合成を抑制し、脂肪酸の酸化分解を促進しようとするため、脂肪は蓄積されにくくなります。

AMPキナーゼは運動することでも活性化します。運動でエネルギーを使ってしまい、エネルギーが足りなくなると(エネルギーが高いATPがエネルギーを放出してAMPになると)AMP濃度が上がり、AMPKが活性化し、エネルギーの元になる糖質を脂肪細胞から補充するように指令を出します。そして脂肪が分解されて、減少(ダイエット)していきます。

つまり酢酸を摂取することによって、軽い運動をしたと同等のエネルギー代謝が得られる可能性があるといえます。

酢酸を摂取したラットは酢酸なしの水投与したラットに比較してエネルギー代謝が促進して酸素消費量が増加していたことなどからも推察されます。

以上のように酢酸は肝臓,骨格筋および脂肪組織への作用を介して、脂肪代謝を促進し,脂肪蓄積を抑制する可能性あると考えられ、機能性表示食品として各社から、エビデンスが提出されています。

◆酢酸がクエン酸に変わりクエン酸回路活性化?

「酢酸を摂取すると体内ではクエン酸に変わり、クエン酸回路が活性化され、より多くの脂肪が燃焼する・・・」ということがよく言われています。

以前はこの理由(メカニズム)が有力でしたが、近年は否定的な意見が多く、先に説明したようなメカニズムの方が有力になってきています。

食生活の改善の中に、酢(酢酸)の摂取を取り入れることが、ダイエットに成功し201メタボ解消へ効果的です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする